| 床下竹炭 |

                            
竹炭 湿度吸放出実験データ



 下記グラフのように、炭がある状態は湿度が安定していることがわかります。
 
平均値=64.4%   炭がない状態はかなりのバラつきがあります。



下記のグラフは、不織布に炭を入れた場合と、入れなかった場合の検査結果です。
不織布に入れなかった場合は、入れた場合よりも湿度が低いことがわかります。
弊社では、直接炭を敷くことをお薦めしております。